北海道でシュタイナー思想を基に、教育・農業・生活を実践する共同体。シュタイナー・コミュニティ「ひびきの村」

関 麻依子

関 麻依子

せき まいこ、マイコ、MICHO

14歳〜22歳まで滋賀県・絵画道場「湖色会」にて道場主・澤居龍介氏(東京藝大油絵科卒、画家)に師事。
1999年、大阪成蹊女子短期大学デザイン美術学科卒業、中学校教員資格(美術)・司書資格取得。
2001年、エール㈱退職後、画家を志して渡欧。

2001年〜2006年までに、英国 R.シュタイナー・カレッジ『Emerson College』にて
Taking Steps in English Course
(アントロポゾフィーミニ基礎コース)、
Visual Arts Course
(アート基礎コース / 彫塑・立体造形&アート・3年間訓練コース1年目)、
The Spirit of English Course
(精神英語コース)、
The Foundation Year Study Course
(アントロポゾフィ―基礎コース / シュタイナー教育教員養成1年目)、
Sculpture Diploma Training
(彫塑・立体造形&アート・3年間訓練コース・ディプロマ取得)、
Pedagogical Sculpture Course
(1~12年生粘土造形・彫塑&高等部美術におけるヴァルドルフ教員養成)
修了。

2007年〜2009年まで英国のキャンプヒル共同体(シュタイナー福祉施設コミュニティ)に勤務。
2009年帰国時より、北海道にて
シュタイナー学校やシュタイナー・カレッジで講師をつとめるかたわら、
2011年3月事業『ソーシャルアート・プロジェクツ』を起こしアートの日常化・意識化を目指して
大人のためのワークショップやショートコース、フルタイムトレーニング、講演、コンサルタント等を北海道を中心とした全国の様々な個人・団体・グループと行っている。

NPO法人人智学共同体ひびきの村理事(共同代表)、アントロポゾフィー協会精神科学自由大学会員。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional