北海道でシュタイナー思想を基に、教育・農業・生活を実践する場。

<2018TT講義内容>

<2018TT講義内容>

近年、ひびきの村ミカエルカレッジでは、週5日間、年間約30数週の大人のためのアントロポゾフィー基礎コースをフルタイムで毎年行ってきました。

真に芸術的な要素を深めながら、人間の本質的な動きと共に、個とグループの成長を意識したオイリュトミーをベースに、様々なアントロポゾフィーの分野に触れつつ、アントロポゾフィーの核心である「人間の本質」「転生・カルマ論」「キリスト論」「定礎の言葉(アントロポゾフィー協会、精神科学自由大学)」「ゲーテ的観察」「意識の発達(人間の進化)」個人プロジェクトワークと発表を、季節の内と外の呼吸を意識した一年の流れと共に積み重ねてきました。

2018年度は、その二年目としての教員養成コース(クラス担任、幼稚園・専科・高等部含む)を予定しております。アントロポゾフィーの人間観を、子どもの成長の発達段階、各学年の学びのテーマと共にさらに深め、これまで積み上げてきた真に芸術的な訓練、人間理解を、一人一人の自我でもって(一人一人の在り方で)目の前の子どもたちや環境の観察(ありのままに観る、直感的に観るなど)に生かし、人間の一生・前世今世来世、そして人間・地球・宇宙史といった大きな流れを意識して、エーテル的な健康で有機的な流れを 祝祭・授業・日々の活動(一日、一週間、1年…)に変容させていけるよう、実践していくコースです。

創造的で、真に芸術的・本質的な新しい教育のための新しい教員養成を目指します。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional