ひびきの村

ひびきの村

ひびきの村サマープログラム2020最新情報

ひびきの村サマープログラム2020最新情報

ひびきの村サマープログラム2020

なんと!早割価格10組がオンラインお申し込み開始2日間でいっぱいになりましたので、終了いたしました
みなさまありがとうございます!!!
ご好評につき、早割第二弾(限定10組)を行うことにしました!
どうぞみなさまお急ぎください!!!

日程、講師、テーマが決定しました!!!
今年はオリンピックと重なっております。
どうぞお早めに飛行機チケットをご予約ください!!

〜遊ぶように学び、大人も子どもも主役になる〜
ひびきの村 サマープログラム2020
~日程~

第1週目:7/29(水)【14時〜15時半の間に受付,16時開始】〜8/2(日)【14時解散予定】
<大人プログラム>「ライアーランド〜シーズン2〜」 ジョン・ビリング/吉良 創
※21歳以上対象、定員30名
ライアーの二大巨匠が再びひびきの村へ!24弦以上のライアーをお持ちの方に限りますが、初心者も経験者も受講可能。
<小学生プログラム> ※小学1年生〜6年生対象、定員10名
<幼児託児プログラム>※3歳〜就学前までの幼児対象、定員10名
<定員>30組 ひびきの村宿泊15部屋
☆講師より
昨年に続き、ジョン・ビリングと吉良 創によるライアー集中講座です。
ジョンの時間は、ジョンの指揮、指導のもとでの参加者全員での演奏と、幾つかのグループに分かれての演奏とがあります。今年も昨年と同様に、アイルランドやケルトの音楽(Irish Airs)と今年はジョン作曲のライアーのための楽曲も演奏予定です。

吉良 創の時間は、ライアーを「よりライアーらしい」よい音で演奏するための様々な練習とライアーについてのいろいろお話しをいたします。

初日の夜は、ジョン・ビリングと吉良 創のライアーコンサートがあり、最終日には、参加者が取り組んできた曲をシェアする時間を持ちます。
最終日以外の講座終了後の午後に、講師による個人レッスンの受講も可能です。

初心者から上級者まで、どなたでも参加できるプログラムです。ライアーをお持ちでしばらく演奏していない方には、また弾き始めるよいチャンスです。中級者、上級者にもライアーと向かい合うよい時間になると思います。そしてライアーを通しての新しい出会いもあるでしょう。ひびきの村の自然の中で、ライアーを奏でる時間をご一緒に。
お待ちしております。

☆並行して、シュタイナー小学生プログラム及び幼児託児プログラムがあります!

第2週目:8/5(水)【14時〜15時半の間に受付,16時開始】〜8/9(日)【14時解散予定】
     ~プログラムの中に大人と子どもが「個々に過ごす時間」と「共に過ごす時間」があります~
<大人プログラム>「〜日常に生かす〜アートランド」 梅村 ひろみ/関 倫尚/関 麻依子
アンカバリング・ザ・ボイス、オイリュトミー、造形の専門家が織りなす美しいアートな世界を体験。※定員15名
<小学生プログラム> ※小学1年生〜6年生対象、定員10名
<幼児託児プログラム>※3歳〜就学前までの幼児対象、定員10名
<定員>15組
☆プログラム時間割
水曜日14:00〜15:30の間に受付後、16:00〜出会いの会(大人子供全員)19:00〜公演イベント
木〜日曜日 大人9:00〜/小学生8:45〜/幼児8:50〜
大人→朝の会、アンカバリングザボイス・声のワーク、オイリュトミー
子供→幼児、小学生、それぞれシュタイナー教育託児プログラム(おやつタイム含む)
11:00〜小学生と大人→歌と動きの芸術プログラム、幼児→シュタイナー教育託児プログラム
11:50〜幼児と小学生と大人→ライゲン、オイリュトミー芸術体験(木・金曜日)、小学生と大人→教育粘土体験、幼児→シュタイナー教育託児プログラム(土・日曜日)
ランチ 全員
木・金曜日
14:00〜幼児と小学生と大人→野外インスタレーションアート、シェルターづくり
(プログラムの予定は変更する可能性があります、予めご了承ください)

アンカバリング・ザ・ボイス/ヴェルベック・シンギング
スウェーデン人歌手Valborg Werbeck-Svärdström(1879-1972)は、人間の声に対する真の理解の基礎を築き、時代に合った教育とセラピーへの適用を行いました。1912年から1925年にかけてルドルフ・シュタイナーの協力を得て、精神科学の見識に基づく新しい歌の学校die Schule der Stimmenthüllung(uncovering the voice)を作り上げました。

人間の身体は歌う楽器です。現代人の歌声の音域はどんどん低く狭くなりつつあります。近年子どもたちはあまり歌を歌わなくなってきたと言われています。本来の歌声とはどんなものなのでしょう。ロックミュージックのように叫ぶ声も歌声なのでしょうか。歌とは何なのでしょう。
毎朝シンギング・エクササイズ(歌う練習)から始まり、様々な古今東西の歌、インプロヴィゼーション(即興)等、楽しんで歌うことに加え、唱法についての基本的なお話から、覆いを取り除いた声への一歩を知っていただく内容です。歌や音楽経験の有無に関係なく、どなたでも参加していただけます。

〜アンカバリングザボイス・講師(梅村ひろみ)プロフィール〜
英国エマソン・カレッジの後、アーテミス・スピーチ&ドラマで言語造形を学ぶ。帰国後、言語造形関連の仕事の他、シュタイナー土曜学校勤務。2018年フィンランドの歌の学校(Laulukoulu)卒業。言語造形家、ヴェルベック歌唱教師

オイリュトミー(美しい動きの意)
ルドルフ・シュタイナーは言っています。「オイリュトミーは私たちの内に、あるもの(それは特に子供たちのなかで最も強く作用するのですが)を芽生えさせ、育てます。それは、学校においても日常の生活においても、他のどのようなやり方においても学ぶことのできないものなのです。」R.S.(ルドルフ・シュタイナー) このあるものとは、運命を知覚する感覚、運命を知覚する器官を意味しています。 『魂の扉・12感覚』アルバート・ズスマン(P66より)

〜オイリュトミー・講師(関 倫尚 Seki Michitaka)プロフィール〜
1999年 弘前大学教育学部卒業、小学校教員免許取得。2001年渡英。英国エマーソンカレッジにて3年半学ぶ。その後、英国グラスハウスアートカレッジにて、アスペルガーの子どもと共に暮らし、キャンプヒルでも働きながら、オイリュトミーディプロマ取得。2009年帰国、北海道シュタイナー学園・いずみの学校で働く。オランダ、エジプトでの社会オイリュトミーの研修を経て、アンナマリーエーリッヒ氏よりソーシャルオイリュトミストのディプロマ取得。2011年ソーシャルアート・プロジェクツを夫婦で設立。現在北海道にてNPO法人 人智学共同体ひびきの村理事、講師活動、運営をしつつ、ひびきの村ミカエルカレッジオイリュトミートレーニングや、会社やコミュニティーでの社会オイリュトミーを使った研修を行っている。アントロポゾフィー協会員、精神科学自由大学クラスホルダー。

シュタイナー造形芸術
シュタイナー教育の第2・7年期(7〜14歳)、教師は芸術家であれ、と言います。それは、芸術(科目)を教える、絵や音楽を教える、という狭義的な意味ではなく、学ぶプロセス自体が芸術的であること、美術以外の科目であっても芸術性を見出すこと、世界の美を見つけ出すこと、授業自体が芸術であること、真の造形が教室の空間全体や授業の流れや内容全体に生かされていることが大切です。

〜造形・講師(関 麻依子)プロフィール〜
滋賀県の絵画道場「湖色絵」澤居龍介氏に14歳~22歳まで師事。1999年 中学校美術教員免許・司書免許取得。2001年~2006年英国エマーソンカレッジにてフルタイムでアントロポゾフィーの様々なコース及び、造形ディプロマトレーニング、彫塑(1~12年生)&高等部美術(9~12年生)シュタイナー教員養成コースを修了。2007年~2009年英国キャンプヒル共同体勤務。2009年~現在 北海道にてシュタイナー学園・いずみの学校、ひびきの村ミカエルカレッジ等で講師。2011年ソーシャルアート・プロジェクツを夫婦で設立。個人や会社、幼稚園・学校、各コミュニティーで、ワークショップ・コンサルタント・講義・講演を行っている。アントロポゾフィー協会、精神科学自由大学会員。ひびきの村理事。

第3週目:8/12(水)【14時〜15時半の間に受付,16時開始】〜8/16(日)【14時解散予定】
~大人も子どもも共に楽しめるプログラムです~
大人も子どももヴァルドルフランド
<大人と小学生のプログラム>「ヴァルドルフランド」 関 麻依子/関 倫尚 他
<大人と幼児のプログラム> 「ヴァルドルフランド」 北原 薫子/栗本 真知子 他
☆大人の方だけでの参加も大歓迎、中学2年生(8年生)までの方の受け入れも検討中
<定員>小学生親子クラス8組 / 幼児親子クラス7組
3歳以上の幼児から小学生の子どもと 大人が一緒に体験する、シュタイナー教育に基づいた「遊ぶように学べる」
大好評・親子プログラム。

~参加料金~ ※全てNPO会員特別価格での表記。「A滞在プラン」または「B来村プラン」を選択。
A『ひびきの村・宿泊滞在プラン』 ※ひびきの村を、存分に体験するプラン
4泊5日(水曜日着〜日曜日発)村内施設に相部屋で宿泊。個室ご希望の方は別料金(4泊5日で+13,200円)が必要。
期間中の 宿泊代+食事(夕4朝4昼4)+プログラム参加費+大人にはNPO賛助会員費が含まれます。
通常価格: 大人1名86,000、小学生・幼児1名50,600
 早割価格:大人1名76,000、小学生・幼児1名43,000円 ←好評につき、2日間で終了しました!!!
 早割第二弾:大人1名81,000、小学生・幼児1名46,600
B『来村プラン』 ※ひびきの村以外の宿泊施設から通っていただくプラン
期間中の昼食4食分+水曜日夕食と土曜日夕食の2食分+プログラム参加費+大人にはNPO賛助会員費が含まれます。
通常価格: 大人1名62,900、小学生・幼児1名39,050
 早割価格:大人1名50,000、小学生・幼児1名 30,000円 ←好評につき、2日間で終了しました!!!
早割第二弾:大人1名 55,900、小学生・幼児1名 34,000

※早割申込期間2020年1月25日(土)~ 4月30日(木)まで!(早割価格はお申し込み及びお振込頂いた先着10組まで)

※プログラム内容などの詳細は随時更新していきます!

※2020年1月25日(土)新月・ネット申し込み開始します!!!
サマプロ2020お申し込みフォーム

ひびきの村サマープログラム2020お問い合わせ専用アドレス
hibikisummer☆gmail.com(☆を@に変えてください)

〜お振込み先〜
金融機関:ゆうちょ銀行
口座名義:特定非営利活動法人
人智学共同体 ひびきの村
<ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行>
郵便振替口座 02780-5-58139
<他銀行からゆうちょ銀行>
店名(店番):二七九
預金種目:当座
口座番号:0058139

〜キャンセル規定〜
やむを得ない事情等で参加できなくなった場合は、お早めに事務局までご連絡ください。次の規定に従ってキャンセル料のお支払い、プログラム費用の返金をさせていただきます。
なお、ご納入いただいたNPO会員年会費につきましては、返金致しかねますので、ご了承ください。
また、入金に関わらず、プログラム開始30日前からキャンセル料が発生いたします。ご了承ください。
■サマープログラム 2019
1.出発日の30日前までキャンセルの場合は、無料。
2.開始日の29~20日前までキャンセルの場合は、受講料および滞在費の10%をいただきます。
3.開始日の19~10日前までキャンセルの場合。受講料および滞在費の30%をいただきます。
4.開始日の9~3日前までキャンセルの場合。受講料および滞在費の50%をいただきます。
5.   開始日の前日、当日、無連絡のキャンセルの場合。受講料および滞在費の100%をいただきます。
【ご返金方法】
ご返金は基本的に銀行振込になります。振込手数料はご負担いただきます。また、返金手続きには4~6週間かかりますので予めご了承ください。

☆☆☆ひびきの村NPO会員とは、NPO法人人智学共同体ひびきの村の賛助会員(会期は年度毎/4月1日〜翌年3月31日までの1年間)のことで、3口(1口3000円)以上のご寄付を下さった方にプログラムや宿泊の割引を適用したり、毎年クリスマス頃会員プレゼントをお送りしたりしています。

Comment On Facebook

NPO法人 人智学共同体 ひびきの村