ひびきの村

ひびきの村

マルベリーの森のおうちインターンシップ・アシスタント募集

, …

シュタイナー幼稚園「マルベリーの森のおうち」では、
2021年度から、インターンシップ・アシスタントを募集いたします。
将来、クラス担任を目指し、自分らしく子ども達のお手本となって立つ大人・教師として、
私達と共に学び実践し成長を楽しみたい方と出会いたいと願っております。

・一年を通して、秘密めいたイメージのシュタイナー幼稚園をアシスタントとして見学、実習ができます。
・毎日のおやつ作りやおそうじ、子どもたちの生活のサポートなどを通して、
3歳から就学前の子ども時代を支えます。
・NPO法人人智学共同体ひびきの村内にある、マルベリーの森のおうちの二階に、住むことができます。
・インターンシップ中は、家賃と水道暖房光熱費をひびきの村が負担します。
生活費(食費、その他)はご自身でご負担ください。
・週一度、ひびきの村で働くメンバーと学び、活動をシェアする時間を持ちます。
・シュタイナー教育や人間観を、行為を通して学び実践できます。

お問い合わせ、面談の申し込みなどの詳細は、
北原薫子 までmulberryno.morino.ouchi☆gmail.com(☆を@に変えて送信)

<「マルベリーの森のおうち」とは>
マルベリーの森のおうちは、幼いこどもたちが初めてお母さんから離れる際、安心して通える
第二のおうちのような存在になるべく、認可外保育施設として2019年10月に立ち上がりました。
(それまでは「フォレストベイ・ナーサリースクール」として活動)

この園は、もともと、NPO法人として活動している「ひびきの村」の大人が、シュタイナーの哲学を学んだり、
働くことを支えるための「企業内保育所」のような存在でした。

NPO法人 人智学共同体ひびきの村は、
ルドルフ・シュタイナーの人間観をもとに
「創造的な活動を通して真の人間理解を深め
一人一人がそれぞれのあり方で
生き生きと輝ける社会づくり」を理念として活動しています。

それぞれが自分らしく輝くこと、自分以外の誰かのため・社会のために
その力を最大限に発揮することを目指す「大人」として、日々奮闘する姿を見せることは、
こどもにとっても大切なことだと考えています。

そのような大人が、安心して学び実践していくためには、
同時に子どもたちもイキイキ過ごしていることが必要です。

大人と子どもは、互いに育ち合うために、必要な存在です。

マルベリーの森のおうちは、そんなこどもと特にお母さんが輝くことを応援する保育の場です。

北海道の大自然の中にあり、広大な敷地内でたっぷり体を健やかに育みことができます。
大人自身が癒され、活動に専念できる素晴らしさが魅力の一つです。

ここまで読んで、共感をしていただいたあなたとの出会いをお待ちしております。

お問い合わせ、面談の申し込みなどの詳細は、
北原薫子 までmulberryno.morino.ouchi☆gmail.com(☆を@に変えて送信)

(文責:北原薫子)

 

NPO法人 人智学共同体 ひびきの村