人智学共同体 ひびきの村

Anthroposophical Community,HIBIKInoMURA

親子クラス「ひだまり」2019

周りに合わせて、子育てしていませんか?

お子さんのために、自分を後回しにしていませんか?

「ひだまり」は、小さなお子さんと保護者の方が、そしてまた、出会った家族同士が、ひびきの村の大自然や人の温もりを通して、共に理解し、育ち合う場として生まれました。
今日、私たちを取り巻く環境は多様化しています。
特に、メディアの発達はめざましく、他者との関わりにおいて多様化しています。
人の温もりを通して互いにつながり合うことが、本当に難しく、そして大切になってきます。
だからこそ、そのような場を意識的に、大切にみなさんと創っていきたいと思います。
(担当:北原 薫子)

→日々の子育てについて、子どもたちのエピソードなどでほっこりしたい方、LINE @始めました。ぜひお友達登録お願いします✨

友だち追加

シュタイナー教育の人間観に基づいた保育の場

「模倣と手本」
0歳から7歳(小学校入学前まで)の子どもたちにとって、活動の中心は真似をして活動することです。真似の対象は、目に見えることだけでなく、心の内側にも及びます。「ひだまり」では、子供達の遊びがより豊かになるよう、大人は子どもたちの遊んでいる傍らで、真剣に手でできる仕事をいたします。
子どもたちは、いいこともふさわしくないことも真似します。大人は、子どもたちが真似をしてもいいような「お手本」としての在り方を目指し、心おだやかに過ごせるようにします。

「リズムと繰り返し」
緊張して呼吸が早くなったり、リラックスしているとゆったり深く息を吸ったり吐いたり。
呼吸の大切さは、大人も子どもも同じです。
ゆったりとリズムよく呼吸できる場です。
また、いつも同じリズムを体験し続けることによって、深い安心感を得られます。

☆対象・定員
妊婦さん、幼稚園や保育園に入園する前のお子さんとその保護者。
限定7組。

☆日程
<全て、土曜日10:00〜12:00、前期と後期合わせて年間20回>
〜前期〜 2019年度
5月18日(11日から変更になりました!)25日、6月8日・22日、7月6日・20日、8月31日、9月14日・28日、10月12日・26日<全11回>
〜後期〜 2019年度
11月9日・23日、12月7日・21日、2020年1月11日・25日、2月8日・22日、3月7日<全9回>

☆お伝えしたいこと
7月20日は夏祭り、12月7日はクリスマスの行事で、夕方の開催となります。
3歳以上の幼児クラス「フォレストベイ・ナーサリースクール」と合同の行事となります。

☆内容・流れ<時間は目安です>
10:00〜 室内での自由遊び&手仕事
その子の自発性に寄り添った遊びを支えます。登園した方から順に、自由に遊び始めます。大人はその側で、お子さんのためのおもちゃやご自宅で使えるものを手作りします。
その日いただくおやつを作ります。一緒にやりたいお子さんと、教師とで作ります。
いつもの流れは以下の通りですが、その他、お子さん一人一人のお誕生日や、祝祭などその時にふさわしいお祝い事をしたり、特別なおやつの時があるかもしれません。
11:00〜 お片付け&手洗い
11:15〜 おやつ
アレルギーのあるお子さんに配慮しながら、穀物を使った手作りおやつを一緒にいただきます。
11:30〜 ふれあい遊び&さようなら
幼い子どもにとって「触れる」という体験が重要です。お母さんやお父さんと手をつなぎ、体を預けられる体験を充分させてあげましょう。
その後、各自で持参した昼食をひびきの村内で食べたり、お砂場で遊んだりできます。
(〜13:00ごろまで)

☆料金<税込価格。一括でのお支払いが基本です。お休みしても返金なし。>
子どもたちに、より安心した場を創ってあげたいので、基本的に継続して参加される方が優先です。
いつも同じメンバーでの時間は、幼いながらに互いを意識し、少しずつ「一人遊び」から「共に遊ぶ」ようになっていきます。
・年間:54,000円(前期のみ:29,700円、後期のみ:24,300円)
・「ひだまり」は、NPO法人ひびきの村が運営しています。上記料金の他、NPO会員費として、9,000円を初回にいただきます。
・随時、体験を受け付けます。ご相談ください。(1回3,240円)
・ご兄姉がいる方、両親で来たい方、ご相談ください。

お申込み・お問い合わせ
ひびきの村 事務局(担当:北原 薫子)
お問い合わせはこちら

NPO法人 人智学共同体 ひびきの村