人智学共同体 ひびきの村

Anthroposophical Community,HIBIKInoMURA

ミカエルカレッジとは

ミカエルカレッジ

平日の午前中、1年間かけて 季節を感じながら人智学(アントロポゾフィー/ルドルフシュタイナー哲学)を学ぶ 日本で唯一の全日制のカレッジです。
基礎コース、教員養成コース、オイリュトミスト養成コースなど、運営メンバーが社会に必要とされるコースを厳選して運営しています。
講義、芸術ワーク、グループワーク、プレゼンテーションワーク、個人ワークなどさまざまなワークや色々な分野を通して、全体性の中から理解し学んでいきます。
自分を変えたい、自分を知りたい、自分の受けてきた教育に疑問を持っている、新しい人生を歩みたいと思っている、人間関係に苦を感じている、真の自由へ歩みを進めたい、そういった方にぜひ受講していただきたいコースです。
過去の受講生は、卒業後さらなる実践や訓練を通してシュタイナー学校や幼稚園の教師・講師・運営者となる方(NAAは教師を目指す方の基礎コースともなります)、自分のこどもが受けている学校で行われている<シュタイナー教育>を親として深く学びたいと思っている方、あるいは学びが終わったあと、前の環境にあえて戻り、今まで見ていたものの見方とは違う視点でさらに幅広く深い視野で働いている方、子育てや生活に新たなスタンスで取り組んでいる方など多岐にわたります。

ミカエルカレッジ短期講座(一般公開講座)
2017年度ミカエルカレッジ
2018年度ミカエルカレッジ
2019年度ミカエルカレッジ

授業内容(予定)
バイオグラフィーワーク、人間の本質、気質、バイオダイナミック農法、12感覚論、言語造形・演劇、ゲーテの自然観察、意識の発達、宇宙体験論、カルマ論、認識の小道、建築史、自由の哲学、
シュタイナー教育入門、定礎の言葉、アントロポゾフィー医療、
芸術(造形、オイリュトミー、木工など)
講師:
関 麻依子、関 倫尚、 他

ひびきの村全体の 一年の流れ
4月 カレッジ・ナーサリー開始、イースターフェスティバル、イースターエッグハンティング
5月 ゴールデンウィーク休暇
6月 ヨハネ祭、フラワーフェスティバル
7月 ミカエルカレッジ一時休講、夏休み
8月 サマープログラム
9月 ミカエルカレッジ再開、ミカエル祭
10月 収穫祭
11月 オールソウルズデー
12月 アドベント、クリスマス、アドベントの庭(りんごろうそく)
1月 お正月、お餅つき
2月 ミカエルカレッジ修了
3月 フォレストベイ・ナーサリースクール終園
その他、ひびきの村では、コミュニティギャザリング、コミュニティワーク、林道作業、各種講座、ワークショップ、イベントなどを予定しております。

受講生の声
ブログにて、過去の受講生の声をお読みください。
Amebaブログ 北海道伊達市 シュタイナーを学ぶ ミカエルカレッジ in ひびきの村